« 講演会のお知らせ | メイン | ATとWii »

2007年07月21日

バランスボードは円盤型がいいと思う

再び任天堂Wiiの話題です。

先日、カリフォルニアのサンタモニカで行われたE3 (Electronic Entertainment Expo) Media and Business Summitというイベントで、任天堂が紹介したWii Fitという健康志向ゲームは、Wiiバランスボードという新しいコントローラを使うらしい(もちろん、僕はこのイベントに参加したわけではなくネットでの見聞によるものである)。
このコントローラは、プレイヤーが上に乗ると、その体重の偏りをリアルタイムに計測してWii本体に無線で送信する仕組みになっているようである。

これは、形状がいかにも体重計のようになっているので、あまり違和感なくその上に乗ることができる(製品化される段階でデザインが変更されるかも知れないが)。
ただ、どうやら右足と左足を置く場所があらかじめ決められてしまっているようだ(E3でのステージデモが最初うまくいかなかったのはバランスボードを逆向きに置いてしまったからではないだろうか)。
向きが決まっているのなら、どう置けばよいのか直感的にわかるような形状になっているのがよいと思う。

あるいは、どう置いても違いがないように設計するのがよいだろう。

つまり、円盤型がよいと思う。
それに、床に置いたらオン、持ち上げたらオフになるようにすればよいので、明示的な電源スイッチなんかいらないだろう。

以前のエントリーATとiPodで書いたけれど、僕のいる研究室で開発している個人用の乗り物ATのコントローラとしてステップホイールというデバイスを作ったことがある(以下の写真を参照)。
これは、直径40cmの円盤で、上に人間(ATの搭乗者)が乗って体を傾け、ATの移動方向と速度を制御するものである。

stepwheel.jpg

同心円上に並べられた8個の圧力センサーの値を常時計測し、最初に乗ったときにユーザーに2~3秒静止してもらってニュートラルポジションを計算し、それとの差分に基づいて体の傾きを検知するのである。
搭乗者は、ステップホイールにどう乗ってもよく、セグウェイのように体を前に向けて乗ったり、スケボーのように体を横に向けて乗ったりできるようになっている。

バランスボードを使ったゲーム(飛んできたサッカーボールをヘディングではね返す)のように、上半身の動きを検出するようには今のところなっていないが、つま先とかかとの圧力バランスや右足と左足の圧力バランス、そして単位時間当たりの圧力の変化量をうまく組み合わせれば何とかできると思う(おそらくバランスボードも似たような仕組みだと思うけれど、ゲーム風景のビデオを見た限りでは非常によくできているみたいである)。
また、Wii FitはBMI (Body Mass Index)と呼ばれる、身長と体重から計算される値(体格指数とも呼ばれる。式は体重(kg)/(身長(m)の2乗))を記録するようになっているので、あらかじめ、身長を登録しているはずだから、その値も考慮して上半身の傾きを計算しているのかも知れない。

ところで、僕は、ステップホイールの上で、片足を軸にしてもう片方の足をすべらせてスライドすると、足を動かした分だけその場回転をするような仕組みも考えていた。
これはiPodのクリックホイールの操作を真似たものだが、バランスボードにも同様の仕組みを取り入れるとよいと思う。

たとえば、この仕組みでメニュー選択ができるようにすればよい。
つまり、メニューモードに移行したら、足をスライドさせて項目を選択、足を浮かせて決定である(決定する場合は、片足を一度浮かせてからつま先をトンとするのでもよいだろう)。
メニュー選択ができれば、Wiiリモコンを一緒に使う必要がなくなり、きめ細かな操作も足でできるようになって、さらに面白くなるだろう。

とりあえずWii Fitが発売されたら即購入して、バランスボードの性能などを試してみたいと思う。

2代目バランスボードを円盤型にしたいとお考えでしたら是非ご連絡ください>任天堂さん。
ちなみに、Wiiリモコンの拡張コントローラを自作する件は何とかなりそうです。
改造したセンサーバーと新型デバイスを使ってリモコンの位置と向きを認識する仕組みが完成したら、このブログでお知らせします。

投稿者 nagao : 2007年07月21日 22:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nagao.nuie.nagoya-u.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/134