« トレーサビリティの恐怖 | メイン | 実世界のプログラミング »

2008年08月10日

先駆者になるために

4年ほど前に、僕たちが研究開発している個人用知的移動体ATを、アメリカのMITのある教授に見せたときにこう言われた。

「これはアナザー・セグウェイ(要するに、セグウェイの二番煎じという意味)か」

それに対して、僕は、ATとセグウェイの違い(立ち乗り用から座り乗り用への変形機能、無線による連携協調走行機能など)を説明した後で、「これはセグウェイではない。ATという新しい乗り物だ」と言った。

確かに、セグウェイに影響を受けたことは間違いない。
しかし、僕たちはセグウェイの先にあるものを作ろうとしているのであり、アナザー・セグウェイと呼ばれるようなものを作っているのではない。

しかし、トヨタが先日発表したウィングレットという乗り物は、アナザー・セグウェイとしか言いようがない。
「自分たちはセグウェイをより小さく作れます」ということを誇示したいためにこれを作ったのだろうか。

セグウェイと違って体重移動で旋回できる(さらに、両手放しでも操縦できる)と言いたいのかも知れないが、初代のセグウェイは確かにハンドルに付いている回転式のグリップを回す(バイクのスロットルと同じ要領)と旋回するダメインタフェースだったが、2世代目で改良されて、ハンドルを左右に傾けると旋回する仕組みに変更されている。

ウィングレットも、似たような仕組みではないだろうか。
つまり、中央にあるステアリングユニットと呼ばれる部分を左右に傾けることによって旋回するのではないだろうか。
そうじゃないのなら、手放しで乗るタイプでは中央の股に挟む部分はなくてもよいはずだろう。

こういうものを、日本を代表する大企業が誇らしげに発表しているのを見て、日本の企業はもう先駆者にはなれないのではないかと不安になった。

先駆者になるために必要なことは、新しい発想を持ち、新しい発見をし、新しい何かを創造することだ。
インスパイヤされたものがあるにしても、そのオリジナルなものから大きく発展させるべきである。
ほとんど焼き直しに過ぎないものを作って示しても先駆者とはみなされないし、かえって評判を下げるだけではないのだろうか。

僕は、セグウェイの示した、直感的に操縦できる小型で立ち乗り型の電動移動体というコンセプトは素晴らしいと思って、その先にあるものを見てみたいと思った。
それがATを開発した動機であり、その点では僕たちは先駆者ではない。
できれば、自動走行可能で絶対に衝突しない個人用知的移動体というコンセプトで先駆者になりたいと思っているが、全方位移動とレンジセンサーだけでそれが可能になるわけではないので、先駆者となるためにはまだまだ多くの研究が必要だろう。

インパクトの大きさが重要で、安全性をあまり気にしなくてもよいのなら、ウィングレットはもっと違うアピールの仕方があったのではないだろうか。
あれほどまでモーターと筐体を小さくできるのなら、ブーツ型の装着モビリティマシンにすればよいと思う。
手放しで乗るタイプなど、ローラースケートにモーターが付いているようなものと、走っているときの見た目の印象がほとんど変わらないのだから、筐体を2つに分割して、片足づつに固定すればよい。
2つのモーターを連動させるためには、腰にコントロールユニット付きのベルトを巻いて、ベルトから両足にケーブルを通せばよいだろう。
ついでに、ベルトにバッテリーを装着できるようにすれば、バッテリーの交換も楽になるだろう。

靴の拡張としての電動の乗り物なら、コンセプトとしてもセグウェイの二番煎じにはならないと思う。
日本では、(軍事利用のためでなく)福祉利用を目指した装着型ロボット(筑波大のロボットスーツHALやホンダの歩行アシストなど)の研究もそれなりに盛んだから、アタッチメントによる身体機能強化マシンは、結構、日本人が先駆者になれる可能性があるのではないだろうか。

平地での移動に関しては、筑波大やホンダのシステムのように人間の筋力を補強するよりも、足にインテリジェントな車輪を付ける方が効率的だろう。
僕が開発担当者なら、さらに横方向の移動も可能になるように工夫しただろうと思う(いつか機会があれば本当に実現してみたいと思う)。

前々回のエントリーに書いたような、ブラザー工業の網膜走査ディスプレイとも組み合わせれば、移動と連動した情報も提示できるし、周囲にある危険物や接近する移動体に関する情報と共に警告を与えることができるだろう。

以前に、ヤマハ発動機がスケボー型の電動移動マシン(無論、体重移動でコントロールする)を開発したときに、あまり実用性はないようだけれど面白いものを作るなあ、と思っていた(結局、製品化はされなかったようだ)。
見た目はスケボーそのものだが、さまざまなテクノロジーが組み込まれていて、操縦はスケボーとはちょっと違ったスポーツのようで、うまく走れるようになるとなかなか爽快だった。
これはほぼオリジナルな技術と呼んで構わないと思う。
しかし、ウィングレットはどうしてもセグウェイの斬新さの前では霞んでしまう。

少なくとも、あの素晴らしいi-unitを作ったトヨタが作るべきものではないと思う。
もし、ヤマハ発動機がこの手のものを開発・実用化したならば、電動バイクやスケボーを開発した経験を活かして、セグウェイとの違いを強調した、先駆的でスポーティな乗り物にすることができたのではないだろうか。

先駆的な民生用デバイスのiPodやiPhoneを日本企業が作れなかった理由は何か、などの議論はいろいろあるけれど、先駆者になって新たな市場を開拓しようとする気概が企業の経営者から失われてきたことが大きいのではないだろうか。

二番煎じでも無難なものを作ろう、面白くなくてもいいから確実に売れるものを作ろう、どんな機能が必要かはよくわからないから、とりあえず思いつくものは全部付けてしまえ、なんていう発想でモノ作りをしているのではないだろうか。

僕が日本の大企業の中で先駆者であると思っているのは、現在では、たとえば任天堂である。
僕はゲームマシンそのものにはあまり興味はないけれど、新しいコンセプトをどんどん提案して、日常的なライフスタイルにも多大な影響を与えている状況(Wiiで健康管理をしたり、Nintendo DSで読書をする、など)は、任天堂が先駆者と呼ばれるにふさわしいことを示している。

アメリカでは、たとえば、AppleやAmazonが先駆者と呼ばれるにふさわしいだろう。
Appleは、言うまでもなくデジタルデバイスのユーザーインタフェースにおける、また、Amazonは(ロングテールを活かした)オンラインビジネスにおける先駆者である。
最近、Amazonは電子ブックにおけるiPodを目指して、Kindleと呼ばれるデバイスを販売し、新たなコンテンツ流通モデル(本のダウンロードのための無線通信を無料にする、など)を運用しているが、おそらく日本では普及しないのではないかと思う。

日本でKindleと競合するのは、携帯電話の配信サービスや、Nintendo DSのDSvisionだろう。
電子ブックの専用デバイスは日本ではほとんど普及していない(参考記事)。
Kindleが(少なくともアメリカで)成功するかどうかがはっきりするにはもう少し時間が必要だけれど、Amazonにできて(任天堂を除く)日本のメーカーにできなかったことは、ユーザーの視点に立って製品を開発すること、そして人々のライフスタイルを大きく変えるほどの未来を見据えたビジョンを持って製品開発に臨むことだろう。

ところで、たとえば、任天堂がNTTドコモと組んで、Nintendo DSを携帯電話としても使えるようにしたら、iPhoneに対抗できるだろうか。
あるいは、Apple TVがWiiリモコンのような直感的なコントローラで遊べる家庭用ゲームマシンとしても使えるようになったら、Wiiと勝負になるだろうか。
そのような競合状態になったら、僕はおそらく任天堂を応援するだろう(たぶん、DSとWiiの後継機を買います。だから、DSは画面をもっと大きくして、WiiはHDMI出力とBlu-ray Discの再生を可能にしてください。お願いします)。

先駆者である企業を盛り立てていきたいと思うユーザーは多いだろう(無論、僕もその一人である)。
そして、僕はこれからも先駆者になることを目指して研究をしていこうと思う。

投稿者 nagao : 2008年08月10日 09:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nagao.nuie.nagoya-u.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/156