« 2008年09月 | メイン | 2009年02月 »

2008年11月24日

権威を壊し、権威を創る

ネットが破壊したいくつかの伝統的なものの中に学術的権威がある。

マスメディアは大衆の意識を操作するために学術的成果よりもその権威をよく利用した(誤用や意図的な誘導もたくさんやった。ちょっと古いが有名な例は「あるある大事典」)。
そして、マスメディアの腐敗の陰で、ネットが人々の目を覚ますために機能した。
しかし、当然の帰結として、マスメディアが重用してきた権威を疑うことになった(ノーベル賞のみが依然として権威を維持していると思われるのは脅威的である。なぜあの賞だけ世界が一様に評価しているように見えるのか説明できます?)。
確かに、マスメディアにおもねり芸能人もどきとなった知識人(大学教授とは限らない)はたくさんいるし、そういう人たちは深い学問を単純化してみせたり(わかりやすくすることと単純化することは同じではない)、特殊な事例を拡大解釈して一般化してみせたり、結論の出ていないことを言いきってみせたり、難解な専門用語を使って素人を煙に巻くことに貢献してきた。
だから、ネットユーザー(特に、マスメディアによる洗脳が解けた人たち)が多くの学術的権威に疑義を抱き始めた(と思われる)のは無理からぬことである。

その代わりに台頭したのは、ユーザーによるランキング、要するに大衆の人気である(それを集合知と呼ぶ人もいるが、僕はランキングの類は集合知だとは思っていない)。
僕は、ベストセラーを含む一般向けランキングを参考にして行動することはほとんどないけれど、一部の専門家の評価よりも、著書が売れているとか、ブログのアクセス数が多いとか、クチコミによる評価が高いとか、の理由で、専門家ではない人の手による、ある内容に関する信用度が上がってしまうという状況は危険だと思っている(比較的最近の例では、ソーシャルネットワークにおけるいわゆる「6次の隔たり」)。
ランキングを信じるのが常にまずいわけではないが、学術的内容に関連するものなら、(特に、マスメディアに利用されていない)専門家の考察や評価を参考にすべきだろう。
その専門家個人が無名でも、その個人が関わっている組織(特に学会)を信じよう、ということである。

たとえば、僕の兄は現在、小児科の開業医をしているが、日本小児科学会の年次大会(学術集会)には必ず出席するそうである。
学会誌などの専門書を読んで勉強している時間はあまりないけれど、最新の成果を知っておかないと患者への対処を間違ってしまう可能性があるからだそうである。
つまり、少なくとも兄にとっては、自分の所属する学会が有効に機能しているようである。

しかし、どうも存在意義がよくわからない学会がたくさんある気がする。
「そもそも、学会って何のために存在するのかわからない」「学会がなくても別に困らないのではないか」という具合に、権威が失墜するばかりか、人々にその存在理由を問われてしまうのではないだろうか。
実は、僕もそんなふうに考えていた時期がある。
僕に査読がまわってくる論文のほとんどが取るに足りないゴミ論文だったり、年次大会で僕が聴講した発表の多くが「この学生の指導教員は何をやっているんだ」と言いたくなるようなダメ発表だったりしたからである。

ネットがあたりまえになる以前は、学会に参加しなければその分野の状況がよくわからないため、どうしても会員にならざるを得なかった。
それでも、多くの場合、期待していた内容や議論を発見することができずに失望を繰り返していたのである。
ある学会なんか学会誌をちらっと見ただけで、やる気のなさが伝わってきて、会員になるのをやめたことがある。

しかし、あることを通じて考えが変わった。
そのきっかけは、僕が以前から関与している「デジタル認知科学辞典」である。

デジタル認知科学辞典というのは、現在、僕がほぼ一人でメンテナンス(データの修正・更新やダウンロードサイトの管理)をしている電子辞典である(最近第2版が発行されることになったので、初版をお持ちの方はここにアクセスしてアップデートしてください)。
辞典コンテンツの著作権は日本認知科学会という学会のもので、この学会が編集したことになっている(僕はこの学会の会員ではないが、この辞典の編集委員の一人である)。
この辞典は、まず紙媒体として出版され、その後電子化され、CD-ROM版が出版された。
その電子版の設計は僕が行い、研究室の学生たちと一緒にWeb上にシステムを構築した。
このシステムは、オンラインでコンテンツを管理し、検索・編集・新規項目の作成(および、編集者によるコメント付与)をするためのものである。
ただし、残念ながら、このWebシステムはまだ一般には公開されていない。
これが公開されれば、専門家のレビュー・コメント付きのWikipediaみたいなオンライン辞典が実現できるだろう。

また、これは余談であるが、辞典項目の図や数式をテキストとシームレスに表示するために、SVG (Scalable Vector Graphics)を利用している。
実は、僕は普段Internet Explorer (IE) Version 6(OSはWindows XP)を使っているので最近まで気がつかなかったが、IE以外のブラウザはAdobeの提供するプラグイン(SVG Viewer)なしでSVGデータを表示できる。
それで、デジタル認知科学辞典のコンテンツを、IE以外のブラウザでAdobeのプラグインなしで閲覧できるように表示形式を変更した(ブラウザの種類によってembedタグとiframeタグが入れ替わる)。
しかし、IE Version 7(およびWindows Vista)ではなぜかこの辞典のコンテンツをちゃんと表示することができない(MicrosoftもAdobeもこの件ではあまり当てにならない)。

SVGの良い点は、図や数式とテキストがシームレスに表示できる(正確には、HTMLと同様にトランスクルージョンという手法で外部データを埋め込んでいるのだが、SVGの方がよくできている)ことや、ベクトル形式なので拡大縮小が柔軟にできることなどである。
実は、テキストコンテンツの引用をコピー&ペースト以外のやり方で実現するために、SVGは重要な役割を持っている、と僕は考えている(コピペによるテキストの引用がダメというのは僕の信念である)。

さて、この辞典(に関わる活動)がきっかけとなってわかってきたことは、学会がその関連分野の専門用語辞典を作るという話の先に、学術的オントロジーの構築と維持という、より大きな目標があるということである。
オントロジーとは、要するに言葉および言葉と言葉の関係を詳細に定義したものである。
同じ言葉が、文脈(時代背景などを含む)によって異なる使われ方をするのならば、それらを区別できるように細かく定義するということである(一般に、オントロジーは、言葉の意味を細分化した概念に相当するノードと、ノード間のリンクから成るグラフとして表現される)。
言葉というのは人間の思考の断片を表すものだから、その意味(定義)はそれを使用する人間に依存する。
しかし、すべての人間ごとの意味を正確に考慮するのは不可能だから、考えられる多くのケースに基づいて、この言葉の意味(定義)はこうだ、と誰かがお墨付きを与えるのである。

これがなぜ重要かというと、言葉の意味を詳細に定義していくと、異なる言い方が同じことを言っているのかそうでないのかを厳密に判断することが可能になり、それによって情報をより正確に伝えることができるようになるからである。

しばしば、異分野の研究者間でコミュニケーションがうまくいかないのは、お互いの語彙のすり合わせがきちんとできないからである。
同じことを異なる側面から見ていることがわかれば、文脈が伝わりやすくなり、議論のきっかけができるだろう。

学会の重要な役割の一つは、ある専門分野に関するオントロジーを構築し維持していくことである。
そして、学会に所属する研究者がその分野に貢献するということは、その学会の構築したオントロジーを拡張していくということである。

あらゆる論文を、オントロジーのどの部分に何を加えたかということで評価するのである。
どれほどの量の論文を発表したとしても、ほとんどオントロジーに貢献しない(すなわち、その論文は既存の概念の言い換えに過ぎない)のなら、たいしたことはしていないことになる(ただし、言い換えたことによって、他の研究者に良い刺激を与えたのならば、その点は評価すべきだろう)。

こういうことをはっきりさせていくことで学会の存在意義がわかるのである。

そして、学会のもう一つの役割は、(会員以外の人を含めて)人々の好奇心や学習意欲を刺激して、学問の世界に適切に導いていくことである。
誰かが何かを知りたいと思ったら、それがどのオントロジーのどの部分に関係するのか、はっきりさせて、読むべき文献を紹介し、そのテーマがいったいどういう経緯で研究されてきたのかを概観する手助けをするのである。

さらに、教師は、学生の好奇心(に基づく行動)と学術的オントロジーを適切に結びつける義務があると思う。
教師は、学生をよく観察して、その学生に学習へのきっかけを与えるべきである。
好奇心のない人間はいないのだから、どんな学生でも学問の世界に導いていくことはできるはずである。
無論、学会はそういう教師を支援しなければならない。
教師自身がある学問の専門家である必要はないけれど、学会の提供するオントロジーを利用するスキルは必要になるだろう。
それによって、誰かがあることに興味を持ったとき、それがいったいどのような学問に関わることなのか、そしてそれがどのくらいの深みと厚みをもった学問なのか、オントロジーを利用することによって知ることができるだろう。

そして、学術的オントロジーは論文の書き方にも影響を与えるだろう。
これからの論文は、研究の背景や関連研究に多くのスペースを費やす必要はない。
どのオントロジーのどの部分にどんな新しい内容を追加するのか、根拠を示しながら、提案すればよいのである。
オントロジーへの貢献度がその研究者の評価に直接結び付くような世界になればいい。
そのような論文の書き方をすれば、論文の冗長性は激減し、従来研究との差分やエッセンスを容易に見い出せるようになるだろう(論文は物語ではないので、このような書き方でも問題はないと思う)。

オントロジーとの関係を考慮せず、ただ発明・発見された理論や技術の実用的な部分のみを公表したいのなら特許を書けばよい。
しかし、論文は、それにどれほどの学術的価値があるのかを明らかにしなければならない。
そして、その学術的価値を保証してくれるのは、マスメディアでも、ネットでのランキングなどでもなく、オントロジーを維持している学会なのである。
Wikipediaについて、専門家が自分の専門分野においては参考にならないと判断しているという話をよく聞くが、やはり大衆の力では専門分野の辞典やオントロジーを正しく構築・維持することはできないのだろう。
そういうオントロジーには多大な労力がかかるから、学会に頼らざるを得ない状況が発生するのである。

さて、このような専門家による分野ごとのオントロジーは、いずれ総合学術オントロジーという形で統合されるだろう。
総合学術オントロジーは、さまざまな分野のオントロジーが高度に連携され、分野間にまたがった検索や推論も可能で、それぞれの分野の研究者の間のコミュニケーションを円滑にするだろう。
この企画は、僕の古くからの知り合いが提案したもので、僕もそのプロジェクトに関わっている(この知り合いは僕にとって数少ない尊敬できる人物の一人である)。


「情報爆発」なんていう言葉があるけれど、情報が爆発してしまってからその後始末を考えるだけでなく、情報の爆発をできるだけ未然に防ぐための努力が必要なのである。
それは、公開されるコンテンツ(つまり、論文)の量を制限するだけでなく、コンテンツの持つ情報量そのものを圧縮することも含んでいる。
冗長性をなくし、誰にでもそのエッセンスが何であるかわかるようにするのである(ただし、その意味を正確に理解するためには関連するオントロジーにある程度精通している必要がある)。
(学術的内容に限定されるとしても)情報の爆発を防ぐことができるのは学会(より厳密には、ユーザーから投稿されるコンテンツを適切に評価する組織)だけだし、そのためにやるべき最も重要なことは、オントロジーを責任を持って構築・維持していくことなのである。

多くの学会が自らに課せられた責任を果たし、ネットユーザーからの質問に注意深く答え、まっとうな批判には真摯に対応し、マスメディアによる誤った学説の流布にはきちんと訂正を求め(その経緯もネットで公開するとよい)、専門分野に関する教育に対する具体的な提言を続けていけば、その学会の学術的権威は必ず生まれてくるだろう。

その結果、ネットに破壊された権威はネットで再生するのである。

投稿者 nagao : 17:11 | トラックバック

2008年11月14日

スティッキーとアンダーライナー

僕のいる研究室では、以前からミーティングのためのよいツールを模索してきました。
それで最近作っていたものは、PCを使ったプレゼンテーションに対して、参加者がスクリーン上にアノテーション(注釈付け)をするツールです。
それには今のところ2種類あって、それぞれをスティッキーとアンダーライナーと呼んでいます。

スティッキーとはポストイットのようにスクリーン上に付箋を貼るためのツールです。
付箋といっても、当然、紙を貼るわけではなく、スクリーンの任意の位置にテキストや画像を配置するというものです。
テキストや画像を配置する場所は、参加者全員が持つWiiリモコンで変えることができます。
また、画像の場合は、そのサイズもリモコンで変更できます。

そして、アンダーライナーは名前の通り、スクリーンに表示されているテキストに下線を引くためのツールです。
誰かのプレゼンテーションの最中に、スクリーンに投影しているスライドなどの資料内の任意のテキストに、発表者や質問者が下線を引きたいと思うことがときどきあるでしょう。

それで、やはりWiiリモコンと、OCR (Optical Character Recognition)ソフトを使って、スクリーン上の任意の文字をポイントして、単語や文に下線を引く仕組みを実現しました。
OCRは画像内の活字部分を自動的に認識する仕組みですので、文字とその位置(スクリーン上の矩形と座標)が同時に取得できます。
また、僕たちは以前からWiiリモコンをレーザーポインタの代わりとして利用してきましたから、ポインタ(ドットとストローク、マウスカーソル、アンダーライナーの切り替えができます)の座標は簡単に取得できます。
これらの仕組みを組み合わせることで、Wiiリモコンでポイントした任意のテキストに下線を引き、さらに、その文字を抽出して記録や検索に利用することができます。

下線を引いた語は、後でその内容を検索するときの重要な手がかりになりますから、いつ誰がどの資料のどの語に下線を引いたのか自動的に記録します。

さらに、スティッキーとアンダーライナーを連携して用いることができます。
たとえば、下線を引いた語に注釈を加えるような場合です。
これは、スティッキーでテキストやイメージを送信するときに、同じ参加者が直前に引いた下線と連結するように指定することができます(注釈を下線の位置に移動すると連結は解除されます)。

このような仕組みを使うことで日常的なミーティングが活性化され、多くのアイディアが生み出されていくことを期待しています。

これから、僕たちが普段ミーティングで使用しているスティッキーとアンダーライナーというツールについて、ビデオを引用してご説明します。

スティッキーはスクリーンの任意の位置に付箋を貼り付けるツールです。



ここで左隅にテキストを置いていますが、実はこれは検索クエリーとしても機能します。
この動画では以前にスクリーンに表示された内容を左隅のテキストを用いて検索しています。

検索結果を見て、今回のミーティングのトピックになりそうなものをピックアップしてコピーしています。



コピーは上の動画のように行います。
まず、テキストや画像のオブジェクトをポインタのストロークでなぞると選択されますので、それらを最初に開いた白紙のページに貼り付けます。

僕たちのミーティングでは、参加者全員が自分専用のWiiリモコンを持って参加します。



上の動画の左はWiiリモコンのポインタをマウスカーソルとして利用しているシーンで、Aボタンでクリックできます。
スクリーン上のオブジェクトを選択して移動させることができます。
また、右はアンダーライナーとして利用しているシーンです。
これはスクリーン上のテキストに下線を引くためのツールです。
画像内の文字を選択することもできます。
Wiiリモコンの左側面に装着されている黒い物体は、赤外線信号のデコーダです。
以前にもこのエントリーに書きましたが、Wiiリモコンをマルチディスプレイに対応させるためのデバイスです。

僕たちのミーティングは、マルチディスプレイで行うことが多いですが、たいていの場合、メインスクリーンにはミーティング全体の状況が常に表示され、サブディスプレイは個別の内容を詳細に説明するために使われます。
以下の例では、サブディスプレイでシステムのデモを表示し、そのスナップショットをメインスクリーンに転送しています。
スティッキーはクリップボード、アクティブウィンドウ、全画面のどれかのイメージを自由にキャプチャしてスクリーンに貼ることができます。



また、上の動画のように、Wiiリモコンで選択して、画像のサイズを変更することもできます。

そして、スティッキーとアンダーライナーを連携させることもできます。



まず、上の動画のように、アンダーライナーでテキストに下線を引いておき、スティッキーでキャプチャした画像を転送します。
このとき、Connect with Underline(下線と画像を連結する)をチェックしてから行うと、スクリーン上で両者を関連付ける黒い線が描かれます。
この線は、オブジェクトを移動してもついてきます。
この関連付けは、後で、コピーや検索のときに活かされます。

もちろん、PowerPointなどのスライドやWebページ内のテキストにも下線を引くことができます。



これにはOCR (Optical Character Recognition)ソフト、つまり画像内の文字を認識するプログラムが使われています。
下線の長さや太さは、Wiiリモコンの十字ボタンで変更できます。

このシステムは、マルチユーザーに対応していますから、複数人が同時に利用することができます。
とりあえず、12人までは実際に試してみましたが、多人数が同時にスクリーンをポイントすると自分のポインタがスクリーンのどこに表示されているのかわかりにくくなることを除いて、特に運用上の問題はありませんでした。



この動画のように複数のユーザーが好きな場所に下線を引くことができます。

投稿者 nagao : 02:05 | トラックバック

2008年11月07日

動画作文のすすめ

ご無沙汰しております。
先月は、いろいろとモノ作りをしていたのでこのブログをおろそかにしてしまいましたが、これから少しずつ、これまでにやってきたことをご紹介していきたいと思っています。

僕たちが運営している動画共有・アノテーションサイトSynvieもようやく次の段階に入ろうとしています。
2006年7月1日にサイトを開設して、2年が経過しました。
まだあまり有名じゃないし、いわゆるイリーガルなコンテンツをまったく受け付けないサイトなので、内容的にかなり物足りない感じがしますけれど、いろいろと新しい試みを行っています。

次のトライアルは、シーン引用という仕組みを使った動画作文というものです。
これは、動画の一部を、文章の中に織り交ぜて新たなコンテンツを制作するというものです。

たとえば、ピクトグラム(絵文字)を用いて、文章を直感的にわかりやすくするというやり方がありますが、この絵文字の部分を動画にしてしまおうということです(動画文字(ムービーグラム)なんて呼ぶのはどうでしょう)。

動画文字を使った作文の特徴は、文字が時間軸を持つことによって時間に関連する文脈をより適切に伝えることができることです。
一般に、文字は時間に依存していませんから、「しばらくして」なんていう表現があってもその時間がちゃんと表現されていません。
時間と共に変化するようなものは、言葉で表すよりも動画を使った方がより効果的でしょう。
ただし、1日を表す動画文字が本当に1日分の時間を持っていたら、そのコンテンツを見終わるのに丸1日以上かかってしまいますから、適当にはしょったりはしますが、少なくとも通常の文字よりも時間(およびそれに伴う変化)をうまく表現できるでしょう。

無論、動画作文には新しいツールが必要です。
そのために僕のいる研究室の学生が作っている仕組みは、シーン引用というものです。
シーン引用の機能は、実は、Synvieの運用開始時から存在していたのですが、ブログに引用できるのはサムネイル画像と動画へのリンクだけだったり、引用する時区間の選択がわかりにくかったりしたため、あまり使われていませんでした。
それで、動画内のシーン区間を直感的に選択できるようにし、かつ、引用したシーンがブログ内で視聴できるように改良しました。

そのシーン引用に関する説明ビデオが公開されましたので、このブログに引用してご説明したいと思います。

これからSynvieの新しいシーン引用機能についてご説明します。

まず、Synvieのビデオ視聴ページで左上の方にある「ビデオを引用してブログを書く」というボタンをクリックして、シーン引用のページに行きます。



そうすると、視聴していたビデオが引用のページに自動的に読み込まれます。
これは、右上の小さなウィンドウに表示されます。
そして、この引用ツールの最大の特徴である、サムネイルシークバーが縦横に展開されます。

このサムネイルをマウスドラッグすることで、簡単にシーンを探すことができます。



縦横のシークバーの違いは、縦はサムネイル間の時間を変更可能(10秒、30秒、1分など)で、横は固定(2秒)になっていることです。
そのため、縦はざっと動画を見て、引用したいシーンにあたりをつけるために、横はシーン区間を詳細に決定するために使います。
視聴中に、チェックなりツッコミなりをした時間はサムネイルにマークされていることでわかります。
縦のシークバーでは赤い枠線で、横のシークバーでは赤いアンダーラインで表示されています。

サムネイルシークバーを使って引用する動画シーンを選択するには、以下の動画のように行います。



サムネイルシークバーの画像の下のあたり(三角アイコンが表示されているあたり)をクリックするとシーン区間を設定できます。
やり方は動画を見れば一目瞭然ですね。
ちょっと変わっているのは、コントロールキーを押しながら左クリックするとクリックした画像が代表画像になるということです。
これはブログページを最初に開いたときに、動画フレームに表示される画像です。
特に何もしないとシーンの開始時間の画像が代表画像になります。
また、シーンの開始と終了時間(の画像)を選択した後、シークバー上で右クリックすると、選択したシーンをプレビューしたり、ブログに引用するかどうか決めるための、ダイアログが表示されます(現在は、この動画とは若干異なる表示になっています)。

引用するシーンが決まったらブログを書いてみましょう。
シーン引用ページのサムネイルシークバーの下にはいくつかのタブがあって、「ブログ執筆」というタブに、引用したシーンの代表画像と文章を書くスペースが表示されています。



引用したシーンごとにパラグラフができていて、パラグラフのテキストフィールド(画像の直上と直下)に文字を入力します。
上に書くか、下に書くか、あるいは両方かはご自由にしてください。
そして、パラグラフの位置は、その直下に並んでいるボタン(「上に移動」、「下に移動」)で操作できます。
また、「上のシーンと結合」「下のシーンと結合」というボタンは、引用した動画シーンを結合するという効果があります。
これはシーンの共引用と呼ばれるものです。
共引用の編集の仕方については上の動画をご覧ください。

共引用は、動画の新しい見方を提供してくれるものと考えています。
そして、その効果がよりはっきりしてくるのは、複数の動画からシーン引用した場合です。



また、他の人がブログに引用したシーンを簡単なやり方で再引用できるような仕組みも考えています。

一つ目の動画は最初に視聴していたものでしたが、二つ目をどうやって決めるかというと、次の動画に示されるように、タイトルの一部のテキストで検索して、その結果から選ぶこともできますし、これまでの視聴履歴の中から選ぶこともできます。



さて、二つ目の動画を選ぶと、サムネイルシークバーも二重になります。
かなり画面がうるさくなってきますが、直感には合うと思います。



サムネイルシークバーを二重に表示することで、二つの動画を見比べながら引用することができます。
そのやり方は、上の動画に示されている通りです。
このあたりが、僕たちがこれからとても面白くなると考えているものです。

まったく異なる動画の中から、並べて見ると面白いシーンを探してみると結構楽しいと思います。
次の動画に示されるように、共引用されたシーンをブログ内で同期的に視聴することができます。



ちなみに、最大4つのシーンまで共引用して同時に見ることができます。

さて、シーン引用ブログの編集が終わったら、みなさんがお使いのブログサービスを使って、編集したブログを公開してみましょう。



そのためには、上の動画にあるように、「HTML生成」タブを選択して、HTMLテキストをクリップボードにコピーして、お使いのブログの編集ページでペーストしてください。
ちなみに、動画シーン用のプレイヤにはFlashを使っていますが、現在のところ、このFlashの貼り付けに対応しているブログサービスは、Seesaaブログ、FC2ブログ、livedoorブログ、および、LOVELOGのようです。
楽天ブログ、エキサイトブログ、Yahoo!ブログ、はてなダイアリー、Amebaブログ、gooブログ、Doblogなどは、現在のところ、まだ対応していないようです。
とても残念です。
今後に期待することにしましょう。

投稿者 nagao : 02:05 | トラックバック